育休のち時短SEの夜中の台所日誌

取得した育休と時短(男)関連のこと、IT・開発関連の話もたまに(いや本業)。まれに鉄っぽい写真も。

男性育休について2(二人目の誕生)

二人目の子を迎える頃には、一人目の子の時の苦労は少し昔の話になっていました。もうあんな仕事はないだろうと。

 

しかし、里帰り出産が終わるタイミングで、数週間の短期出張のオファーが来ます。そして数週間が終わった後も定期的に泊まりで通うことになるという案件。

短期とはいえ、生後2か月で帰って来て早々、たとえ一晩二晩でも家を空けることは考えられませんでした。
そしてこういった先方での滞在によるシステム開発作業、期間が延びるのがお約束です。先方都合があるので、自分だけどれほど頑張ったとしてもどうにかなるものでもありません。
里帰りを2か月で終わるのは、上の子の幼稚園が始まるからで、里帰りの延長もできません。

 


そもそもその案件は当時の私にはかなり無理のある内容だったので、受けるのは難しいと回答しましたが、会社として案件を受ける判断がされれば従わねばなりません。また、この話が流れても、いつこのような話で危機が訪れるかわかったものではありません。
この時、一人目の頃の悪夢が蘇ってきました。もっとちゃんとした形でこの大事な期間を守っておかねばならない。

 

ここで「育休」を取ってしまうという、おそらくまだ誰も使ってないカードを出すことを思いつきます。規則として取ることができることはわかっていましたが、本当に取れるのか‥。誰か取ったという話は聞いたことがありませんでした。
妻に軽めの確度で相談した上で上司へ相談。

 

 

実は育休を取ることについて考えたのはこれが初めてではありませんでした。

子どもが出来るずっと前ですが、妻がそういう希望を持っていることを言っていた(後で聞いた話ではさほどリアルに考えてはいなかったらしい)ので、子どもが生まれたらそうする気持ちがあることを当時の上司に話したことがありました。「(父母)二人とも育休はないんじゃないか」とその上司は軽く笑ったのですが、正直私もあまり現実的なものとは考えていませんでした。

 

上司への相談後の話、これは会社や組織、上司によっていろいろなケースがありえますが、その後については次のトピックにします。