読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

育休のち時短SEの夜中の台所日誌

取得した育休と時短(男)関連のこと、IT・開発関連の話もたまに(いや本業)。まれに鉄っぽい写真も。

時短もあと少し

育休・時短・育児

4か月弱にわたった時短勤務もあと数日。
まだまだ続けたい気持ちも強いけど、そろそろ収入減も大きく辛くなってきた。
仕事についてはやはり6時間の縛りがあるために本気で効率化を考えてやってきた。これまでのフルタイムに近い量こなせていると思うし、退社後は保育園の迎え、習い事の送迎、家での対応など忙しい夕方を二人でカバーできるわけで、時短はトータル的に見てとてもよい動き方だったと思う。

保育園のお迎えは楽しい。お帰りの後もしばらく園庭で遊んでよいので、出来るだけお友だちと遊ばせてあげたり、たまに参加したりもしている。今後妻のお迎えになったら下の子を抱っこ紐で抱えながら、また上の子も宿題中断してついて来ることになるので、いつも最後まで遊んでいけるわけではないだろうから。自分も今後は朝の送りだけになってしまうので、お友だちのこととかいろいろ知りたいし、関わっていたいと思った。

おかげで同じ組のお友だちは顔も覚えてくれて、お話もしてくれたり、また他の組の子まで寄って来てくれたりして、とてもうれしかった。お友だちのお母さんにも声をかけていただいたり、親しくしてもらって、子どもたちとともにいいひとときだった。平日休みの日があればまた出来るだけ行きたい。

「なんでママじゃなくてパパが迎えなの?」と聞いてくれた子もいた。
確かに毎日迎えがパパのところは(通常時間には)見かけない。
今まで改めて時短で来てることを話せる機会が少なくて多分あまり知られてないけど、妻が行くようになったら、なんで今まで毎日パパが来てたのか不思議に思っていた人も謎が解けるのかな。
そしてそのうちこういうパパもたいして珍しくないような感じになっていくといいなと思う。